TEAM INFO

金沢星稜大学サッカー部 規約

1.名称

  1. 本団体は『金沢星稜大学サッカー部』と称する。

2.創立

  1. 1969年4月、日本サッカー協会登録。登録名「金沢経済大学サッカー部」。
  2. 2002年4月1日より大学名変更に伴い『金沢星稜大学サッカー部』と称する。

3.所属

  1. 日本サッカー協会・石川県サッカー協会登録のもと、北信越大学サッカー連盟および石川学生サッカー連盟に所属し、これらが主催する各大会へ参加する。
  2. 学内では金沢星稜大学体育会に所属する。

4.目的

  1. サッカー技術のレベルアップ
  2. 部員相互の親睦
  3. 人間的な成長
  4. 上記を目的とし、社会に認められる人・チームを目指す。

5.活動

  1. 各種公式戦への参加
  2. 試合に向けての練習。
  3. その他 本団体の目的を達成するに必要な活動。

6.拠点

  1. 星稜人工芝グラウンドを主とし、稲置学園の各施設を使用する。

7.部員

  1. 金沢星稜大学および金沢星稜大学女子短期大学部在籍のサッカー愛好学生で入部の意志を示した者とし、選手とスタッフで構成する。

8.役員

  1. 部員中に次の役員を置く
    1. 主将 1名
    2. 主務 1名
    3. マネージャー 若干名
    4. 体育会執行部員 1名

9.役員の役割

  1. 主将は部員をまとめ、スタッフと共に活動の計画を立て実行する。
  2. 主務は対外的なチーム代表者として外部団体との連絡係を務め、活動費を管理する。
  3. 主将・主務は、協会・連盟等の会合にチームを代表して出席する。
  4. 必要に応じ副主将および副務を置く場合がある。副主将は主将を、副務は主務を補佐し、チームの円滑な活動の手助けをする。
  5. マネージャーは主務を補佐し庶務を務める。また、大学への各種届け出を行う。
  6. 体育会執行部員は、大学体育会に所属する各団体より選出された執行部員と共に会を運営する。

10.役員選出方法および任期

  1. 主将・主務・(副主将・副務)・体育会執行部員は、部員相互の協議で決める。任期は原則1年間とするが、再任を妨げない。
  2. マネージャーは希望者とする。任期は特に定めない。

11.スタッフ

  1. 顧問は金沢星稜大学の専任教員とし、部長を兼ねる。
  2. 指導者は監督1名およびコーチ若干名とする。

12.ユニフォーム

  1. 貸与された公式戦用ユニフォーム(シャツ・パンツ)は個人で管理し、大会毎に返却する。なお、練習試合用ユニフォーム・ストッキングについては個人購入とする。
  2. 公式戦でのユニフォーム登録は次のとおり
    1. ホーム  FP 青-青-青、GK オレンジ-オレンジ-オレンジ
    2. アウェー FP 白-白-白、GK 緑-緑-緑

13.活動費

  1. 活動費は金沢星稜大学体育会より支給される部費および選手から拠出する年会費と臨時会費、その他寄付金をもって充てる。
  2. 年会費は、次のとおりとする。
    1. 1年次 ¥50,000-(支払期限4月末日)
    2. 2年次 ¥30,000-(支払期限前年度3月末日)(備考1)
    3. 3年次 ¥30,000-(支払期限前年度3月末日)(備考2)
    4. 4年次 ¥20,000-(支払期限前年度3月末日)
    5. 留年した場合も学年に合わせた金額とする。
    6. 一旦納入した年会費は返納しない。
    • (備考1)2年次途中入部者については4万円とする(活動費を納めた時点で入部を認める)
    • (備考2)3年次途中入部者については3万円とする(活動費を納めた時点で入部を認める)
  3. 臨時会費とは、遠征試合・合宿等による支出の自己負担を指す。
  4. マネージャーについては年会費を徴収しない。ウェア購入実費および臨時会費のみ徴収する。

14.支出

  1. 活動に関わる支出は次のとおり。
    1. ウェア・ユニフォーム等購入費
    2. 団体および個人登録費、連盟加盟費
    3. 大会参加費
    4. 遠征・合宿費
    5. 試合等の際の飲料および医薬品購入費
    6. 審判員資格取得費
    7. その他本団体の目的を達成するに必要な活動費

15.会計

  1. 本団体の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとし、金沢星稜大学体育会への会計報告を要する。

16.審判員資格

  1. 部員は4級審判員資格を積極的に取得することとし、1年次の年度始めまたは年度末に講習を受けることとする。4級審判員資格取得および継続に係る講習費は、受講者人数に応じ全額ないし半額を活動費より支給する。
  2. 毎年、4級審判員資格保持者より若干名、3級昇格試験を受けることとする。3級審判員資格を保持する部員がいない場合、各種公式戦への参加は不可能となる。3級以上の審判員資格取得および継続に係る講習費は、全額を活動費より支給する。

17.指導員資格

  1. 部員は、日本サッカー協会公認の「C級またはD級コーチ」等の資格を取得し、卒業後もサッカーの発展に寄与することがのぞましい。なお、講習費は自己負担を原則とする。

18.傷害保険

  1. 部員が大学に届け出た活動において怪我をしたときは、金沢星稜大学および金沢星稜大学女子短期大学部が全員加入している「学生教育研究災害傷害保険」が適用される。

19.除名・除籍

  1. 金沢星稜大学および金沢星稜大学女子短期大学部を退学・除籍となった者。
  2. 金沢星稜大学サッカー部の名を学内外において著しく汚した者。
  3. 犯罪の被疑者、刑事裁判の被告人等、社会的な問題の当事者となった者。
  4. 上記以外の場合は部員・スタッフにおいて議決する。

20.アルバイト

  1. 教育的・社会的に好ましくないアルバイトおよびこれに類する行為は厳禁する。

21.OB会

  1. 金沢星稜大学サッカー部を卒部した者は、金沢星稜大学サッカー部OB会(旧金沢経済大学サッカー部OB会)へ入会することとし、卒業時に終身会費1万円を納めなければならない。
  2. OB会則については別に定める。

22.その他

  1. その他規約に無い事項については、部員・スタッフにおいて決議する。
  2. この規約は2009年4月1日より施行する。

▲ ページの先頭